MODENA SINCE1990
MODENA SINCE1990
ブログ アーカイブ

他人の世話をしてる場合じゃないんですけどね

曰く、主孰れか道有る。

将孰れか能有る。

天地孰れか行わる。

法令孰れか行わる。

兵衆孰れか強き。

士卒孰れか練れる。

賞罰孰れか明らかなる。

吾れ此れを以て勝負を知る。

では、また。

キャッシュディスペンサー

同じ夢を見るのは、物語の中だけだと思っていたけど

10年近く、同じ夢を見ることがある。

頻度が多いわけでもなく、2~3か月に1度あるくらい。

求めているのか、恐れているのか。

起きてから悩むときもあったが、最近は慣れてきた。

ただ、昨日の夢は少し違った。

 

いつものように、ソレには近づいては遠ざかる展開なのだが

その後、私は違う場所に移動するのだった。

テーマパークのような、ショッピングモールのような

 

そこで、私が座っているベンチの前で、見知らぬ中年女性が

レモネードを販売した売上から得た利益の23円を

振り込むことに対して電話口で声を荒げていた。

振込手数料の事を思うと、彼女が不憫に思えた。

 

そこで目が覚めた。

もう、ホント、よくわかんない。

では、また。

首って大事

ある「刺激」に応じて「ある現象」が生じる。

また、ある「刺激」で、「行動」を起こすこと。

(生物学語彙)

 

首をバキっとやってしまい、救急車で運ばれました。

酷い目にあいました、適切な形容詞や比喩が見つからない痛みでした。

体を起こすことも敵わず、座ることも寝ることも激痛を伴う状態。

安静にしてください、と言われても普段ならコソコソとゲームなどに興じるのですが、

痛みと痺れで、ままならない状態でした。

もうこうなったら、新テニプリ観るしかないっしょ。

私にはアマゾンプライムという強力な味方がいるからね

サブスクっていいな、ボクの全てさ

 

高校生が強力なスイングで空間を削り取り、あらゆる打球を止めるブラックホールを展開したあたりで

どんなに辛くても、体はツッコミを入れようとするんだなって

今回、思い知ることができてよかったです。

では、また。

 

現実

月末の週末に雨とか、なんとクルマ屋泣かせなコトか。

あまりに退屈なので、イメージで人生をやり直してみた。

とりあえず、小学生で足が速い設定で女子にワーキャー言われておこう。

中〜高で引き篭もってゲーム漬けになる。

どこかからぼちぼちな遺産が回ってきてますます引き篭もる。

さみしいので、イマジナリーフレンドに囲まれる。

磐石、これぞ素晴らしい人生。

などと考えていたら、仕事の話で現実に引き戻された。

イマジナリー店長からイマジナリー商談の件で相談らしい、やれやれ忙しくなってきたぜ。

では、また。

何が善いのだ

自宅から最寄りのバイストンウェルにある自動販売機まではおよそ250メートル

男は自販機の匣の前にいた、大層大事さうに罐を持つてゐる。

何とも手頃な善い罐である、男は時折笑つたりもする。

「ほう」

匣の前の男から聲がした、鈴でも轄がすやうな男の聲だつた。

「聴こえましたか」

男が云つた

「誰にも云はないでくださいまし」

男はさう云うと罐を持ち上げ、こちらに向けて見せた。

罐の中には熱く琥珀色の液体で満ちていた。

何とも芳しい馨りを放つ液体を男は口に含み

「ほう、」

と云つた。

ああ、罐珈琲だ。

何だか酷く男が羨ましくなつてしまつた。

 

そんな冗談を考えながら、私は走っていた。

もうすぐ日が変わろうかというのに。

冬の海は暗くて寒い

 

かなりきついペースで走ってみた。走りたいから走ってみた。

不愉快な体を苛めるには走るのが一番いいらしい。

今夜は、私の頭が下した決断に対して心がどうしても譲らないらしく

板挟みになった体が、どうやらお怒りらしい。

ああ、いやだ。脛が軋んで肺が痛い、「もう限界」だと立ち止まった場所で空を見上げると

腹が立つほどに星が綺麗な夜空だった。

呆けて空を眺めている私に「弱気は捨てろ」と言われてる気がした。

 

今夜は気持ちが弱っているので慰められてやる。

次はないと思え。

では、また