MODENA SINCE1990
MODENA SINCE1990
ブログ アーカイブ

春、目前にして

私は寒がりです。

手前自慢な話ではありますが、若かりしころは、寒がりに関してそれなりの定評がございまして

一時は「寒がり界にその人ありっ!」と世間様の得心を余すことなく頂戴し

また、同時に様々な暖房器具を販売する家電業界を恐怖のズンドコに陥れた存在でもありました。

あれから早幾星霜、老いてなお勇猛を馳せ、その名声は和歌浦の南地区を越えて、

和歌浦の全地区へと広がり、現在に至っては半ば伝説の存在になったとかならなかったとかって話は無いですが・・・。

要はそのくらい、寒がりな性分なのでございます。

そんな私が、今年はあまり寒くないなぁって感じています。

つまり、要は

今年は温かいですね。

って、話です。

そんなわけで、死にたいくらいに憧れた花の大食いメニュー「COCO壱の1300gカレー20分以内に完食!」に挑戦しました。

「COCO壱1300gカレーを20分以内に完食」とは、

その昔、時間内に食べれば称賛とともに食事代を無料にしてくれる。

「真の男子たるもの!」欲求に強く訴えるイベントがありました。

チャレンジ出来ずに苦い思いをしていたあの頃の自分を払拭するために

私は時間の消費と胃腸の破壊をいとわず、挑戦しました。

私の胃は、昔ほど若くない。

・・・苦しい戦いになるだろう。

言葉で表すならば、スクリュードライバーでハリケーンミキサーに挑むような無謀な行為でした。

しかし、必殺技のなんやかんやの

ウルトラエキスパートスペシャルサンダードラゴンウォリャートリャーソリャーの効果もあって

15分42秒で食べきることができました。

あの頃なら無料です。

この喜びを、友人、協力者各位とともに分かち合いたいと思います。

では、また。

あけましておめでとうございます。

人生に選ばなければならない時がある。

自分自身の人生を充分に、完全に、徹底的に生きるか。

社会が偽善から要求する偽の、軽薄な、堕落した人生をだらだらと続けるのかの

どちらかを。

かくも美しく人間らしいテーマを掲げたとき

「そりゃあ、当然のごとく前者だよ!」

と、彼は言ったが

正月の三が日を布団で包まって、コンビニのドーナツを頬張る姿は

後者にしか見えない。

そして、私といえば

正月早々、「クムクムのバックアタックからのデスのキツさ」について

友人と議論を交わすだけで、特に目新しいことがないお正月でした。

では、また。

散歩

一乗寺の恵文社には何度か足を運んだことはあるけれど

思い出すときには、いつも決まった時間だけを切り取ってしまう。

そのころに満足していないわけじゃない、だけど、過るのはいつだって同じ記憶。

くすんだ冬、お気に入りだったラコステのマフラー、

デザインだけで少しも暖かくなかったスエードのコート。

記憶の中を生きる私は、まさに人生の春だ。

今は、あの頃とは少し違い、

「いつだって芽吹くことが出来るさ」

って、顔をするのが得意になった。( ̄д ̄)

IMG_0660

・・・随分と

久しぶりに立ち寄った。

「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」という本を買った。

そして、店内で素敵なソファーを見かけた、

こんなソファーに腰を下ろして

じっくり時間を使えたら幸せだろうなぁと、考えた。

そして、「いつもの思い出」を思い出した。

春のままかもしれない。

では、また。

タイトルか・・・

4cs

今日はがんばって、告知します。

来る10月29日から11日間、東京モーターショーが開催されます。

開催地は、薄い本の聖地、東京ビッグサイトにて行われます。

前回で178社の426台を展示して90万2800人の来場を得た

世界中からお客様が集まる、スゴイイベントなんです。

和歌山県民文化会館小ホールと違って、ちょっと遠いけど

関空までササッと行って、びょーんって羽田へ飛んで、

モノレールでズギューンって浜松町へ行って、新橋にドスコイして、

ゆりかもめでシュバフィーンですわ~!って叫んでたら、

ほら、あっという間にビッグサイト。

まあ、そんなわけで、東京モーターショーがやってきます。

年末には大阪でもするよ!

では、また。

 

 

男子たるもの

悪性さらにやめがたし

心は蛇蠍のごとくなり

修善も雑毒なるゆえに

虚仮の行とぞなづけたる

・・・これも、庭に咲く花の一つですかね。

そんな昨夜の帰る頃。

社員のPCが、電源を付けたまま放置されていたので

インターネットエクスプローラー、グーグルクローム。

デスクトップに置いてあったアイコン2つのトップページを

キツめのアダルトサイトに設定してあげた。

ブラウザを立ち上げた時の反応が気になるけど

社長はクールに去るぜ。

では、また。