MODENA SINCE1990
MODENA SINCE1990
ブログ アーカイブ

因振る怨嗟

「インフルエンザは、いわゆる細胞内寄生体なので細胞外では短時間しか存在できない。」(Wikipediaより抜粋)

地球の寄生体と考えると、大差ないんだな。

でも、インフルエンザと私は、いつ迄たっても平行線。

相対することも避けたい相手である。

 

なんて可哀そうな存在だろう、生きたいから、細胞の中に潜り込みたい。

明日に手を延ばしただけで忌み嫌われ続ける存在であり、

加速度的に恐怖をばら撒く。

本当、大差ない。

では、また。

走る男

フォローしているツィートで、素敵な情報が飛び込んできました。

スペシャルプログラム、幻魔・妖獣・迷宮・AKIRA

2月23日新文芸坐にてオールナイト上映!

和歌山でもこんな企画ないかな・・・。

 

「2019年だし、これは外せないな」と、家族会議で決まり

元旦の夜にAKIRA(Blu-ray)観ました。

観ながらふと、思い出す。

小さいころ、大晦日明けの深夜枠でAKIRAとか放送してたような気がする。

30年以上前の話だから確かかどうか分からない。

気になってググってみたけど、アキラ100%が正月に放送事故した情報しか出てこない。

真相は闇の中へ

では、また。

正解

世の中にある正解の殆どは自身のエゴであり

絶対の正解を持ってる人ほどコントロールしやすい。

自信のない人間ほど、コントロールが効かない。

が、特に動かないから気にしない。

そんな私の仮説も、正解ではない。

正しいという言葉の意味をググると、正しいという言葉についての仮説が

つらつらと書かれている。

さも、それが当たり前のように。

それを見た多くの人が、「これが正しいということか!」と当たり前のように納得する。

自分は、当たり前にも疑いを抱くように気を付けようと思っているが

その仮説が正解なのかどうかはわからない。

 

私はいつだって

マスタードソースで食べてきた。

バーベキューソースでナゲットは食べない。

では、また。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

僕は新年を迎えることにした。

やれやれ、新年とはなんだろう?

よくわからないな。

旧年はかつてここに存在していたか、あるいは元から存在していなかった。

ただひとつ言えることがあるとすれば、君と過ごしていた旧年は今、ここに存在していないということだ。

にわかには受け入れがたいことだが、

すんなりと月曜日の午前0時、数十秒前に忘れてしまった年越しとやらを体験した。

感動もなく、僕たちはそんな風に年を越していった。

世の中とはそういうものだ。

そして新年が現れた。

―――これはあくまで僕の考えだが―――

それは、新年のようにも旧年のようにも見えた。

オーケー、認めよう、ヤツは新年だ。

あるいはそうかもしれない。

僕はギュスターヴ・クリムトの絵画のような終末の香りがする夜空を見上げ

ひどく、むなしい気持ちになった。

そして僕は小麦粉と卵を買い、家に戻った。

そして年越しそばに天ぷらを乗せ、食後にウイスキーを流し込んだ。

たとえ、新年が何であろうと。

好む好まざるに関わらず、僕は新年を迎えなくてはならない。

やれやれ。

では、また。

年末

役員という存在は、労働基準法というものが適用外だそうでして。

兎にも角にも仕事をしております。

あまり根を詰めると体を壊すので、セルフチェックは怠らないように努めています。

初期症状は「甘いもん食べたい」に始まり、やれ日本海が見たいだとか愚痴をこぼし、

最終的にエヴァンゲリオンと等しい、もしくはそれ以上に訳のわからない事を言い出したら、

そろそろ仕事を休んだ方がいいと思っています。

年末まで、あと少しです。

では、また。