MODENA SINCE1990
MODENA SINCE1990
ブログ アーカイブ

へら、テコ、コテ、返し

神奈川県は横浜へ行ってまいりました。

横浜へ来ればいつも思う、家系ラーメンが食べたい。と

私には、家系ラーメンと呼ばれる食べ物の特徴がよくわからない。

お好み焼きをひっくり返す道具の名称ぐらいあやふやな存在である。

何かしらのカテゴリーに分類されるのは何となく解るが、メインの味が名称からは計れない。

醤油ラーメン=醬油の味、豚骨ラーメン=豚の骨の味、家系ラーメン=家屋の味。では無いだろう、さすがに。

もしくは家庭的?おふくろの味?うちの母親は、ガチのラーメンは作らない・・・。

だから食べてみたい、家系ラーメン。

憧れの家系ラーメン。

マイスイート家系ラーメン。

できることなら、手をつないで歩いてみたい、お誕生日にお呼ばれしたい。

そんな夢さえみる、家系ラーメン。

・・・でも、ググってみると。

太めのストレート麺に豚骨醤油の味、と書いてある。

額面通りに受け取ると、まんま和歌山ラーメンと同じなのである。

そこが二の足を踏ませるんだよね。

では、また。

6半荘に20年。

今日から衣替えです。

季節の推移に応じて衣服を替える、また、そのために衣服の収納場所を変更する。

きっと何百年も行われているイベントなのに、イマイチぱっとしない。

そう、特にロマンが足りない。

・・・夏に先立つ幾千年、中国中原に君臨した神々の時代を下り、真夏に冬服を着せ、冬に夏服を着せて民衆を苦しめた暴君紂王を倒して次なる時代を開いた周の武王は果たして適切な衣替えをしていたのか?

その後、大動の乱を制し中華統一を成した秦の始皇帝は統一された新しい衣替えを発令する!

その始皇帝の死後、陳勝、呉広の乱に端を発し、もろくも滅んだ帝国秦、その後の天下を巡って覇を競った項羽と劉邦。

代々将軍の名家の生まれで武芸に秀でていた項羽、百姓の家に生まれ40代まで酒浸りの劉邦、生まれも育ちも違う二人がどのような衣替えを行っていたのか!?

四面から聞こえる楚歌に落涙した項羽を尻目に、漢王朝を築いた劉邦、そして、文帝、景帝、武帝と漢の黄金時代がもたらされ、そして衰退へ。

後漢の無法政治の闇の中から静かに始まる三国志時代。

英雄たちが織り成す衣替えの時代!

うん!売れるっ!

コレや、コレやでぇぇ!!

こいつぁ、忙しくなってきたぜぇぇぇぇ!!

では、また。